医学専門の図書出版社、医学書のオンライン販売を行う先端医学社のウェブサイトです。

 

トップ > バックナンバー > G.I.Research > G.I.Research 2016年4月号 (Vol.24 No.2)

G.I.Research 2016年4月号 (Vol.24 No.2)

■編集主幹
吉川 敏一:京都府立医科大学学長
■編集幹事
浅香 正博:北海道医療大学学長・北海道大学名誉教授
荒川 哲男:大阪市立大学理事長・学長
北島 政樹:国際医療福祉大学副理事長・名誉学長
千葉  勉:京都大学大学院思修館特定教授
寺野  彰:獨協学園理事長・獨協医科大学名誉学長

  • B5判/80頁
  • 2016年4月発行
商品コード : 978-4-86550-163-6
価格 : 2,200円(税込)
数量
 

10,000円(税込み)以上で送料無料  定期購読のご注文はbook@sentan.comへご連絡ください

かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ

■特集:iPS細胞と消化器疾患
2006年にマウスの皮膚細胞から人工多能性幹細胞(iPS細胞) が樹立されてから今年で10年となる。本特集では、消化器病におけるiPS細胞に関する最先端の研究成果について、 各専門家が解説。

■特集/iPS細胞と消化器疾患
  序  中島祥介
  iPS細胞とがん細胞―マイクロRNAを用いたがん細胞のリプログラミング― 
今野雅允ほか
  iPS細胞と大腸がん―人工大腸がん幹細胞の作製―  大嶋野歩ほか
  iPS細胞と糖尿病―移植用膵細胞の再生―  美馬淳志ほか
  iPS細胞と肝胆膵疾患―膵臓・肝臓への分化―  白木伸明ほか
  iPS細胞と肝疾患―臓器としての肝臓の再生―  谷口英樹ほか
  iPS細胞と膵疾患―臓器としての膵臓の再生―  宮本竜之ほか
  iPS細胞と腸疾患―臓器としての腸管の再生―  山田高嗣ほか
   
■海外論文紹介
  第130回 アスピリン/非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)と
  大腸がんリスクの関連メカニズム
  ―大腸がん予防関連の一塩基多型(SNP)が特定された―  西田晴行
      
■知ってそうで知らない消化器疾患
  第18回 クローン病の胃病変(竹の節状外観)  石井 学ほか
   
■my laboratory―海外留学生だより―
  第97回 NIH留学記  岩舘 学
   
■医学用語解説
  胆道ジスキネジー  峯 徹哉
■消化器関連判例解説
  第9回 消化器内科を中心とする一般内科を専門とする医師が、
  急性心筋梗塞を含めた急性冠症候群を疑わせる兆候を
  見逃したことについて、過失がないとされた事例  寺野 彰
■わたしの研究歴
  第59回  高井義美

ページトップへ