医学専門の図書出版社、医学書のオンライン販売を行う先端医学社のウェブサイトです。

 

トップ > 書籍 > がん・緩和医療 > 外来がん化学療法を安全に実施するための “テーラーメードG-CSF療法”

外来がん化学療法を安全に実施するための “テーラーメードG-CSF療法”

■監修
田中哲二:和歌山県立医科大学准教授

  • A4判/166頁
  • 2009年4月発行
商品コード : 978-4-88407-546-0
価格 : 9,350円(税込)
数量
 

10,000円(税込み)以上で送料無料  定期購読のご注文はbook@sentan.comへご連絡ください

品切れ

  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ

「専門家」のためのG-CSF製剤使用法の実践書
近年の外来がん化学療法に大いなる貢献をした薬剤の一つにG-CSF製剤があげられ、好中球減少症対策に不可欠の薬剤となっている。しかしそれだけにG-CSF製剤の使用法を安易に考えかねない臨床家に対し、著者は警告する。G-CSF製剤には適正な投与法とタイミングがある。長年の経験と症例の積み重ねから、その「みきわめ方」を著者のユニークな見解も交え紹介する。これからがん治療に取り組む医療スタッフならびにがん治療専門家向けがん化学療法の実践書。
 

【主要構成】
Chapter1 外来がん化学療法とG-CSF製剤
Chapter 2 臨床医に必要なG-CSFの生物学
Chapter 3 外来がん化学療法における「G-CSF適正使用ガイドライン」解
Chapter 4 外来がん化学療法における骨髄機能抑制の管理
Chapter 5 外来がん化学療法におけるG-CSF製剤の使い分けのすすめ
Chapter 6 外来がん化学療法におけるG-CSF製剤投与のコツ
Chapter 7 外来がん化学療法におけるG-CSF製剤投与のタイミング

ページトップへ