医学専門の図書出版社、医学書のオンライン販売を行う先端医学社のウェブサイトです。

 

トップ > 書籍 > がん・緩和医療 > チーム エンド・オブ・ライフ ケア実践テキスト

チーム エンド・オブ・ライフ ケア実践テキスト

■編集
東札幌病院編集委員会
■監修
石谷邦彦

  • A4判/102頁
  • 2014年4月発行
商品コード : 978-4-88407-977-2
価格 : 4,180円(税込)
数量    残りあと10個
 

10,000円(税込み)以上で送料無料  定期購読のご注文はbook@sentan.comへご連絡ください

かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ

死の避けられない患者とその家族のケアに携わるすべての医療スタッフに向けた教科書
「死」について多様な価値観が錯綜する昨今、がん専門病院である東札幌病院が、長年チームで取り組んできた「看取り」、「エンド・オブ・ライフ(E-O-L)」ケアの実際を臨床に即したテキスト形式にまとめた。各項目は、長年、E-O-Lや緩和ケアの現場に携わってきた同病院の医師・看護師が執筆を担当。コラムや実際の事例もまじえながら、患者ケアはもちろん、E-O-Lの概念と定義から、遺族ケア、在宅での看取りなども網羅した実践書となっている。真のE-O-Lケアをめざすすべての医療スタッフに。

Part 1 エンド・オブ・ライフケアの歴史と概念 
1.エンド・オブ・ライフケアのサイエンスとアート
2.エンド・オブ・ライフケアの定義
3.緩和ケアの歴史とエンド・オブ・ライフケア 
4.エンド・オブ・ライフケアの意思決定のプロセス

Part 2 チームでおこなうエンド・オブ・ライフケアの実践
1.エンド・オブ・ライフケアの臨床 
 A.特徴的な症状とその対処 
 B.倫理的問題 
 C.最後の時のケア
2.悲嘆のケア
3.在宅でのエンド・オブ・ライフケア

付録 エンド・オブ・ライフケアをより深く理解するために
1.終末期医療の検討に関するこれまでの経緯
2.学会等による終末期医療に関するガイドライン

ページトップへ