医学専門の図書出版社、医学書のオンライン販売を行う先端医学社のウェブサイトです。

 

トップ > 定期刊行物 > Thrombosis Medicine > Thrombosis Medicine 2021年12月号 (Vol.11 No.4)

Thrombosis Medicine 2021年12月号 (Vol.11 No.4)

■編集顧問
坂田 洋一:自治医科大学医学部客員教授・名誉教授
鈴木 宏治:鈴鹿医療科学大学薬学部教授
■編集主幹
丸山 征郎:鹿児島大学大学院医歯学総合研究科システム血栓制御学講座特任教授
■編集幹事
岡本 好司:北九州市立八幡病院副院長兼消化器・肝臓病センターセンター長
丸藤  哲:札幌東徳洲会病院侵襲制御救急センター顧問兼救急集中治療センター長
小林 隆夫:浜松医療センター名誉院長
野村 昌作:関西医科大学副学長/内科学第一講座主任教授

  • A4判/84頁
  • 2021年12月発行
商品コード : 978-4-86550-531-3
価格 : 2,530円(税込)
数量
 

10,000円(税込み)以上で送料無料  定期購読のご注文はbook@sentan.comへご連絡ください

かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ
特集【凝固線溶能と年齢,性,人種】

血栓症,特に脳血栓症が高齢者に多く,若年者には少ない.そして男性に多い.

しかし, 特に周産期には女性にも血栓塞栓(特に静脈系の)の頻度が多くなる.
これはエストロゲンの凝血能に対する影響のためである.このように凝血能には明らかな〈年齢の影響〉,
〈性差〉が見られ,それが脳血管障害をはじめとする血栓塞栓症の臨床に反映されてくる.
<人種>の観点から凝固線溶能を比較した研究も含めた最新の見解を凝縮.

 
本特集の狙いとその背景                  丸山 征郎 
新生児の凝固線溶能                        茨   聡  
妊産婦の凝固線溶能                        小林 隆夫
高齢者の凝固線溶能                         八島  望  
加齢と血管                                      畠山 金太
静脈血栓塞栓症リスクの人種差と性差    津田 博子
血栓形成能の個人差 ─T-TASを用いて年齢,性,人種の影響を考える─     尾田  悠ほか


連載【エキスパートに学ぶDICの診断と治療〜ガイドラインと“オレ流”は共存できる?〜】
第3回 外科                                                      岡本 好司           
     
                             

連載【自己免疫性凝固因子欠乏症のすべて】
第3回 自己免疫性凝固第V/5因子欠乏症              和田 英夫ほか


連載【COVID-19と凝固線溶系異常】
第5回 抗リン脂質抗体症候群とループスアンチコアグラント        家子 正裕                                                                                      

連載【線溶亢進型DIC】
第5回 大動脈瘤に合併したDICの治療        山田 真也ほか                                                                          

◆ガイドライン ここがポイント!
von Willebrand病の診療ガイドライン2021年版             日笠   聡                                                                               

連載【研究室紹介】
第6回 京都大学大学院医学研究科 初期診療・救急医学教室     眞 悠大ほか   
     

ページトップへ