医学専門の図書出版社、医学書のオンライン販売を行う先端医学社のウェブサイトです。

 

トップ > 定期刊行物 > LOCO CURE > LOCO CURE 2021年11月号 (Vol.7 No.4)

LOCO CURE 2021年11月号 (Vol.7 No.4)

■編集主幹
田中  栄:東京大学大学院医学系研究科外科学専攻感覚運動機能医学講座整形外科学教授
■編集幹事
秋山 治彦:岐阜大学大学院医学系研究科整形外科学教授
石橋 英明:医療法人社団愛友会 伊奈病院 副院長/整形外科部長
西田圭一郎:岡山大学大学院医歯薬学総合研究科生体機能再生・再建学講座整形外科准教授
宮腰 尚久:秋田大学大学院医学系研究科整形外科学准教授

  • 92頁
  • 2021年11月発行
商品コード : 978-4-86550-523-8
価格 : 2,420円(税込)
数量
 

10,000円(税込み)以上で送料無料  定期購読のご注文はbook@sentan.comへご連絡ください

かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ

■特集:関節リウマチ診療ガイドライン2020 ―整形外科医から見るガイドラインアップデート―
我が国の関節リウマチ診療ガイドラインが6年ぶりに改訂された。「関節リウマチ診療ガイドライン2020」である。本特集で論文を執筆していただいたのは、わが国を代表するリウマチ整形外科医の先生方である。関節リウマチ診療に深く精通する方もそうでない方も、じっくりと、あるいはざっとそれぞれの論文を読んでいただき、現在の関節リウマチ診療の状況、注意事項などについてご理解いただきたい。さらに今回の改訂では、世界で初めて、非薬物治療/手術治療についてのアルゴリズムも作成された。その点も含めて理解していただけると幸いである。今回の特集が、読者の皆様の日常診療にお役に立てたのなら幸いである。

■座談会
 関節リウマチ診療ガイドライン2020を日常診療にどのように活かすか
伊藤 宣 那須義久 祖父江康司
 
■特 集  関節リウマチ診療ガイドライン2020 ―整形外科医から見るガイドラインアップデート―
 Overview(序) 伊藤 宣
 ガイドラインの成り立ち 小嶋雅代
 薬物治療のアルゴリズム 高橋伸典
 高齢者、合併症をもつ患者、妊娠・出産に関する治療方針 蛯名耕介
 関節リウマチ治療における非薬物治療のアルゴリズム―運動療法,作業療法,関節内注射―
小嶋俊久
 非薬物治療のアルゴリズム―手術治療―  松下 功
 周術期の投薬コントロールと合併症対策
西田圭一郎ほか
 クリニカルクエスチョン
 人工足関節全置換術と足関節固定術はどのように使い分けるべきか?  松本卓巳
 クリニカルクエスチョン        
 足趾形成術(関節温存手術)の治療成績を向上させるためにはどうしたらよいか? 矢野紘一郎
 
●連 載
 〔処方エキスパートへの道〕
 パゾパニブ塩酸塩(ヴォトリエント®) 小倉浩一ほか
 〔治療選択 誌上ディベート〕
 形性足関節に対する人工足関節の治療選択 前方進入型vs外側進入型
 前方進入型の立場から 平尾 眞
 外側進入型の立場から 猪狩勝則
 〔明日から役立つ 外来の工夫〕
 凍結肩の治療戦略 守重昌彦ほか
 〔自宅でできるリハビリテーション〕
 変形性股関節症に対する保存療法 ―ジグリング(健康ゆすり)の効果―
  久米慎一郎ほか
 〔施設探訪 ーより良いロコモ診療を求めてー〕
 小さな有床診療所の大きな野望―すべての人にベストの医療を― 小堀かおり
 〔ロコモ ティールーム〕
 コロナ禍における未曾有の出来事 斎藤知行

ページトップへ