医学専門の図書出版社、医学書のオンライン販売を行う先端医学社のウェブサイトです。

 

トップ > 書籍 > 精神・神経系 > 社交不安症UPDATE

社交不安症UPDATE

■編集
小山 司:北海道大学名誉教授/大谷地病院臨床研究センター長

  • A5判・並製/184頁
  • 2017年3月発行
商品コード : 978-4-86550-251-0
価格 : 3,300円(税込)
数量
 

10,000円(税込み)以上で送料無料  定期購読のご注文はbook@sentan.comへご連絡ください

かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ
最新の視点からSADの診断と治療に関する知識をUPDATE!
DSMやガイドラインの改訂、ベンゾジアゼピン系薬剤の用い方をめぐる問題など社交不安症(SAD)の臨床を取りまく環境は変化している。わが国で新しく適応を得た薬物療法を含め、最新の視点からSADの診断と治療をエキスパートが解説。
 
Part.1
社交不安症の概念と病態的特徴
1.社交不安症の概念および定義―対人恐怖との相互関係―
2.社交不安症の原因と症状
3.社交不安症の有病率—罹患年齢などの疫学から—
 
Part.2
社交不安症の診断と評価尺度
1.社交不安症の分類と鑑別診断
2.DSM—5およびICD—11における社交不安症の診断基準
3.社交不安症の診断とLSAS・SATSによる臨床評価
 
Part.3
社交不安症の治療ストラテジーとその評価
1.社交不安症の治療アルゴリズム―治療の選択基準と手順―
2.社交不安症の臨床評価と心理教育
3.社交不安症における薬物療法
4.社交不安症に対する認知行動療法
5.社交不安症の回復を目指した治療の組み立て方とその評価
 
Part.4
社交不安症とComorbidity
1.気分障害と全般性の社交不安障害(社交不安症)
2.他の不安症と社交不安症
3.その他の疾患と社交不安症
 
Part.5
社交不安症とエスシタロプラム
1.社交不安症に対する国内臨床試験
2.EBMからみたエスシタロプラムの有用性
3.うつ病に併存する社交不安症へのエスシタロプラムの臨床応用

ページトップへ